カテゴリ:トレーニング・しつけ( 17 )

これか! 公園散歩のお悩み

先日 現住所「海なし県」から じいちゃん家「海なし県」に帰省しました。

帰省の楽しみは IさんYさん(&のんちゃん)とご一緒するランチ。
その時のことは後日書くことにして ランチの後に訪れた公園での出来事について。

f0203369_1653566.jpg


ランチの場所からほど近い 某市民公園に向かいました。
午後3時を少し回ったくらいの時間でした。

日が短くなったせいで 少し早いこの時間帯に犬の散歩も集中するのでしょう。
たくさんの人が 犬とのんびり歩いていました。
 
すれ違う時に 自然にご挨拶させることもあれば
吠えてしまう仔を連れた人とは お互い阿吽の呼吸で距離を取ったりしながら
私とPanも 小一時間の散歩を楽しみました。

f0203369_1655468.jpg


駐車場に向かう通路にさしかかった時のことです。
顔見知りらしい数人の飼い主と 数頭の小型犬たちのグループが 向こうからやって来ました。

近づいてみると 中の1頭は リードをつけているものの 
その先は飼い主の手につながっていません。

その仔(仮名・Jくん)は Panに向かって一直線に走り寄りました。
短く挨拶を交わした後 すぐにPanを遊びに誘います。
Panも 幸いJくんに吠えかかることはなく むしろ誘いに乗りたい様子でした。

でも 私は PanとJくんを遊ばせたくありません。
私は Jくんを無視するように駐車場に向かいました。
すると JくんはさらにPanを誘いながらついてくるのです。 

飼い主の集団のなかの 1人だけ犬を連れていない女性。
その人がJくんの飼い主です。
自分の犬が どんどん離れて行くというのに
その女性は おしゃべりに夢中で気づきもしません。

f0203369_1661854.jpg


そこに これまたノーリード(首輪やハーネスもしていない)の超小型犬が走り寄ってきました。
Jくんの興味がそちらに移りました。
超小型犬は 逃げようと 必死に走り始めました。

超小型犬の飼い主が あわてて名前を呼んで追いかけたところで
初めてJくんの飼い主も気づいて 呼び戻そうとします。

Jくん 飼い主の声なんか まるっきり無視です。

飼い主2人が 大きな声で叫びながら 自分の犬を追いかける…
そんな姿を横目に見ながら 私たちは公園を後にしました。


時々耳にする 公園での犬をノーリードにしていることによるトラブル。
Panと私が暮らす街には こんな素敵な公園はないから よくわかっていなかったけれど
「これか!」と思いました。

犬が肩身の狭い思いをしなくてはならない日本の社会。
変わらないのは 犬を飼っている人自身の行動のせいかもね。 
[PR]
by with-pan | 2010-11-23 13:28 | トレーニング・しつけ

一緒にお勉強?

藤本先生に来ていただいてのファン・タスク第3回目。

今回は3度目にして「初めて」がいろいろありました。
①かんなちゃん家のお庭をお借りしての青空トレーニング。
②ボーダーコリーのエルちゃんと 藤本先生の女王様ひなちゃんも一緒
 の合同トレーニング。
③かんなちゃん(お父さん お母さんも)という見学者ありのトレーニング。 

エルちゃんとは 一度代々木公園でのお散歩会で会っています。
でも、あんまり接触がなかったから覚えていないかな?
対面させた時 「遊ぼ!」と前肢をかけたエルちゃんにギャウッ!
年下の仔には 時々強気のPanです(^^;)

ひなちゃんとは 初対面です。
静かに慎重に匂いをかぐひなちゃんの前で 固まるPan。
怒られなかったから 女王様のお眼鏡にかなったのでしょうか?(笑)

f0203369_21181952.jpg

かんなちゃんが不思議そうに見ているのは 
へちまこさんが紹介されていたバーを使うtask。 



f0203369_21183533.jpg



エルちゃんは 初めはここを歩くことが不安そうでした。
バーから外れようとするので 両側からmasterさんとbutlerさんに
リードで支えてもらうようにして真ん中を歩く練習をしました。
何度かやるうちに バーに触れないで歩けるようになって来ました。
場にも慣れて来たのかな。


Panは 慎重な性格なのでこういうのは得意です。
ヒョイヒョイと上手にバーの間を歩きました。

 
エルちゃんと かんなちゃんは 何度も何度もよく走りました。
f0203369_2119059.jpg



ひなちゃんは ひっそりレフェリー役を。
ふたりの勢いがありすぎて なかなか間に入れなかったけど 
そのタイミングをうかがっている様子はよ~くわかりました。
f0203369_21184818.jpg


Panは 草をいっぱい食べたり
伏せているかんなちゃんに向かい合ってデレデレしたり
馬に気を取られているひなちゃんにこっそり乗っかろうとしたり(苦笑)
…今回は taskトレーニングというより 課外活動ってことで^^;
f0203369_21191636.jpg

                 この写真は 翌日撮影したものです。
                     task中のPanの写真が1枚もなかった(>_<)



この日の模様は 
藤本先生のHPのひなちゃんのページと
エルちゃんのブログ エルがゆく(近々アップされる予定?・笑)
でも見られま~す!
[PR]
by with-pan | 2010-08-31 21:19 | トレーニング・しつけ

Beautiful Boy

遠征する時しかデジイチを使っていない という反省をもとに
Fun Taskをしている時 Panがどんな表情してるのか を 
写してみました。

こんな表情でした。

          right♪ left♪ 向かい合って足踏み行進。
f0203369_22281618.jpg


                         ツイスト♪ 
f0203369_22283595.jpg

                         バーン!


やっぱり楽しいんだな。
だって こんなにいい表情してるんだもん♪


*****

最近観たDVDから(Read more)
[PR]
by with-pan | 2010-08-10 22:28 | トレーニング・しつけ

Fun♪  Fun♪♪ Fun♪♪♪

「わたしたちは トレーニングを楽しんでいます」と先日の記事に書きました。

「トレーニング」といっても わたしたちが行っているのは お行儀よい犬にするための
ものではありません。
ファン・タスク。 
過程をみなければ 犬に「芸を教えている」だけと思われるかもしれません。 

でもね ファン・タスクは フツーの「芸を教える」とは違うんです。

実際に見ていない方に説明するのは とっても難しいのですが。
Panと一緒に 頭をいっぱい使って ゲームをしているような感じです。
私は 「こうしてほしい」と思っていることを Panに伝わるようにヒントを出さなくてはいけません。
Panは 私のヒントを見て 「こう?」「それともこう?」と一所懸命に答えを出そうと考えて動きます。
Panが正解を導き出したら 私はドンピシャのタイミングで 「そう!それ!!」
をクリッカーで伝えなくてはなりません。これが実はとっても大変^_^;
楽しい協同作業です。

毎日はできませんが 1日に10分ほどのファン・タスクの時間を Panも楽しみにしています。

f0203369_20495322.jpg
                      安曇野ちひろ美術館の庭で。
                           足先が濡れているのは 小川の中を歩いたから。


ファン・タスクを始めて1ヶ月。
Panに集中力がついてきたのを感じています。
初めは 正解の動きがわからなくて イライラすることもありましたが 集中して
考えられるようになってきました。
自分が出した正解を 「そう!」「すごいね!!」とほめられることを喜んでいる様子です。

私は Panをうんとほめて育てているつもりでしたが もしかしたらそれはちゃんと
伝わっていなかったのかもしれません。
ハーネスの装着や 食後に口周りを拭くことなど 今まで苦手だったことも ファン・タスクの
要領でやってみたら 嫌がらなくなりました。
これにはちょっとビックリ&落ち込み。今までの努力は何だったのかしら?

自分で考えて行ったことを 認められることが嬉しいのは人間も犬も一緒。
そして それが自信につながっていくのもきっと一緒だと思います。  

ファン・タスク、ほんとにFunですよ~!
ご一緒にいかがですか? <八ヶ岳ワンワン仲間のみなさ~ん! 

Panの一芸披露(笑) (click!!)
[PR]
by with-pan | 2010-07-13 22:03 | トレーニング・しつけ

トレーニングを始めました♪

昨日 初めてCanine Relationz DogSchool のドッグトレーナー藤本先生に
自宅に来ていただきました。

Panは Fun taskの見学に行った時に 一度だけ藤本先生に会っています。
長時間一緒にいたわけでもないのに 覚えていたようです。
先生をお迎えする時 警戒吠えでなく クゥークゥーと甘え鳴きをしました。

私の文章力で伝えることは難しいので レッスンの詳細については 記載しませんが
クリッカーによるトレーニングを実際に見せていただいたり いろいろな質問に
答えていただいたりしました。
私たちの“ことば”を増やすために 生活の中にクリッカートレーニングを
取り入れてみようと思います。

警戒吠えが最近ちょっとひどくなっていたので その対処法も教えていただきました。
昨夜は 警戒吠えが出ませんでした!
  …と先生にメールしたら 「疲れてたのかな?」とお返事が(^^;)
   そんなに簡単にはいきませんよね~。
   でも 今日も警戒吠えはあきらかに短く・小さくなっています。

横臥させられることにいつもPanは抵抗します。
そのことで 「頑固な犬」「気が強い犬」だと言われたこともありました。

 ↓ でも ほらこの通り! 藤本先生のお題に応えて 自ら横臥しました。f0203369_230315.jpg
















 ↓ 「これでいいの?」と確かめるPan。「そうだよ!」
f0203369_2304685.jpg














いろんなお題に 一所懸命答えを出そうとがんばったPan。
脳みそが沸騰するくらい 頭を使ったようです。
寝返りをうつのも忘れてよく寝てました。
[PR]
by with-pan | 2010-06-13 23:00 | トレーニング・しつけ

一緒に歩くこと ~代々木公園お散歩会②

**ダラダラとわかりにくい記事です。スミマセンm(_ _)m**

機会があって状況が許せば 小田原のお散歩トレーニングにも 各地で開催されているお散歩会にも参加したいと願っています。
チャーリーママさんや お散歩会の幹事のタローの主さんキシュウkeiさんには 感謝×100乗!!

今回の代々木公園のお散歩会は たまたま「おやつNG企画」という日だったのですが 実はそのことについてあまり考えていませんでした。

私とPanとの関係において 今までおやつが果たしてきた功績は大きなものでした。
また 今後においてもおやつというアイテムを 使い続けることに疑いはありません。

それでも 「おやつNG企画」のお散歩会への参加を迷わなかったのは 前記事で書いた
なぜ お散歩会に参加したいのか。
なぜ Panにお散歩会のような場が必要だと考えるのか。

に因ります。

なぜへの答えとしてTurid Rugaas女史「Barking  -The Sound of a Language」(長く積ん読になってました^^;)の31-32頁から一部を簡単に紹介します。

 仔犬や若い犬には social skillsを発達させるために他の犬たちの存在が必要であること。
 しかし 仔犬・若い犬同士を遊ばせるだけでは十分ではないこと。
 よりよいsocial skills(自制や大人としての振る舞い)を学ぶためには role modelとなる大人の犬が必要であること。
 一緒に散歩をすること(匂いや景色 音 新しい物に共に興味を持つということ)で 犬同士の関係がくつろいだ自然なものになること。
 犬のストレスを取り除き 他の犬と交流させるために 一緒に散歩するという方法は Turid女史が最も多く用いる方法であること。


Panは 他の犬と出会う機会が極めて少ない環境で暮らしています。
幸い オトナなお友だちワンコにいろいろなことを教えてもらってきましたが Panが犬として自信をもって振る舞えるようになるためには social skillsをもっともっと学ぶ必要があると思うのです。
そのために お散歩トレーニングやお散歩会は 「一緒に歩く」願ってもないチャンス。
しかも そこには目的意識を持って参加する素敵な飼い主の人たちもいる。
今まで数回 お散歩トレーニングに参加してみて そこに参加している犬たちが確かに成長していると感じたし Panの変化や成長にも手応えを感じています。
だから お散歩の間におやつがOKだろうがNGだろうが とにかく一緒に歩きたい!のです。
…と 「教育熱心な飼い主」ぶってみましたが ほんとうは何より私自身が犬の世界を知ること 観察することのおもしろさに魅了されているから 参加したいのですけどね(^_-)

今回のお散歩会では 15頭のうち11頭とは初対面でした。
ですから 無理に近づけてお互いにストレスを感じさせないことを心がけました(つもり^^; 終盤に気をゆるめて サルーキーのネージュさんに無遠慮に近づけすぎてしまいました。反省)

Panは 初めての場所とあって 探検が楽しそうでした。

他犬との関わりでは 特に 年上のワンコさんたちに関心を示していたように思います。
サラさんランディくんの匂いが特に気になるらしく 近づく度に念入りに嗅がしてもらっていました。

サラさんのお尻に鼻を突っ込んで かなりしつこく。あげくに背中に前肢をかけて…。
でも サラさんは 軽く注意しただけで怒らないでいてくれました。
大人の貫禄を感じました。 こういう「大人な対応」も学習しているのだと思います。今は出来なくても いつかPanもそうできるようになると信じています。

リデルさんには 頭を下げて近づいて行きました。
サラさんにしたよりはあっさりでしたが お尻に鼻を突っ込んでクンクンしていました。
リデルさんも そんな無遠慮なPanに 何の反応も示しませんでした。
リデルさんの周りを 少し距離をおいてウロウロしてみたりするPan。きっと五感を使って観察していたに違いありません。

自信のある大人な犬たちと一緒に歩いて Panだけでなく ほかの若い仔たちも多くのことを学んだでしょうね。
f0203369_203953.jpg


たまたま「おやつNG企画」に参加したわけですが 自分が 「Pan以外の犬におやつを与える時」 「Panが他の参加者の方からおやつをもらう時」の意味づけがあいまいであったことに気づきました。

少数の馴染みの犬といる時 「みんなでおやつを食べようか♪」という時間を 犬たちも緊張感なく楽しんでいると思います。そんな時間は 私自身も楽しんでいます。
しかし 初対面の犬が多い時や頭数が多い時は 意図をもってコンセンサスのうえで おやつを使わなくてはいけないのだと思います。

さあ どんな意図で どう使う?
新たな課題が見つかって これから答えを考える楽しみができました(*^_^*)

当日参加されたみなさん ほんとうにありがとうございました♪ 
[PR]
by with-pan | 2010-03-21 21:45 | トレーニング・しつけ

オラ、東京さ行っただ! ~代々木公園お散歩会①

晴天の3月17日。Panと一緒に東京へ行きました。
目的は「第3回 代々木公園お散歩会」に参加すること。

私にとっては 初・東京までドライブ
Panにとっては 初・東京
田舎者ふたりのオラ、東京さ行くだ・大作戦!決行!

なぜ お散歩会に参加したいのか。
なぜ Panにお散歩会のような場が必要だと考えるのか。
今回のお散歩会で感じたこと。
それについては またあらためて。明日以降できるだけ早く…たぶん。

今日は 当日撮ったわずか過ぎる写真をアップして…。
参加されたみなさん すぐに記事を書かれていて すごい~(^^;)



憧れのリデル&へちまこさんにも会えました。
かわいくて凛々しいリデル。Pan 真似してるの?
f0203369_2234670.jpg


ミモザの前で 記念撮影。
…しているところを そら母さんに撮られてた!(爆)
f0203369_22361064.jpg

[PR]
by with-pan | 2010-03-19 22:39 | トレーニング・しつけ

東へ西へ② ~基礎トレーニング

雨男あらため 晴男・Panです!

メインの目的・基礎トレーニングに参加した23日は ポカポカの暖かい日となりました。

「お久しぶり」「2度めまして」「はじめまして」の 12組のペア(私たちをのぞいて)が参加していました。
亮子さんは クウカイくんをお家に残しての参加。
ワンコたち 次々に亮子さんにご挨拶しに行ってました。
「クウカイくんのにおいがするから」というだけでなく 犬を惹きつける雰囲気をお持ちなのですね。
f0203369_941919.jpg


お散歩トレーニングに参加するのは4回目です。
今までの3回は 舞い上がっていて すごく視野が狭かった感じでした。
この日は 初めて少し冷静に 広い範囲を俯瞰して見ることができたような気がします。

その結果 Panがどう動き ほかのワンコとどう距離を取り どう関わっているのかがよく見えました(かな?)。

11月のお散歩トレーニングに参加した時に チャーリーママさんはPanを「この一年で、非常に抑制がきいた感じがします」と評してくださいました。
今回「抑制がきくってこういうことか!」と実感しました。(飼い主のくせに 遅いって~^^;)

たとえば どういうことかと言うと・・・

・お散歩トレーニングの間 興奮すること 怯えることがない。
・私の声がよく聞こえている。
・他犬のパーソナルスペースを侵さないよう気をつけている様子が見られる。
 接近を好まない仔には できるだけ近づかないようにする。
 おやつをもらう時 他の犬を押しのけて前に出ない。むしろ 少し離れたところで座って待つ。
・自分より小さい(体格の)仔に 無理矢理近づかない。
・遊ぶ相手は選んでいる(らしい)。
 この日は ぽんたくん(ポメラニアン・10ヶ月・♂)とだけ。遊んでいるというより 遊び相手になっている感じ(?)ぽんたくんのマズルを咥える様子を何度か見ました。


何もしなくても これらのことは 年齢に応じてできるようになることなのかもしれません。
でも 私は「経験がPanに抑制を学ばせた」のだと思っています。

毎日コツコツ続けている お散歩(自主)トレーニングは 歩き方を上達させるだけではなく
私の存在や声を意識して歩くことを Panに学ばせる作業なのだということ。 
だからこそ 私がどうリードを扱うのか どう声をかけるのかが大切なのですね。

「対犬」の場面での抑制は 先輩ワンコとの関わりによるところが大きいということ。
Panの周りには 同じくらいの年のワンコはいないものの いろんなことを教えてくれる先輩ワンコたちがいます。一緒に転げ回って遊べる 同じくらいの年の仔がいないことを残念に思ったこともありましたが 今になって 彼らがPanにいろんなことを教えてくれたんだとわかりました。
そういえば 以前はしょっちゅうガウッと怒られていたのに 最近はあまりなくなった気がします。

なかなか参加できないお散歩トレーニングですが 私たちペアの成長を確認するためにも これからも機会を作って出かけようと思います。

お散歩トレーニング中の様子はコチラ
[PR]
by with-pan | 2010-03-04 12:46 | トレーニング・しつけ

お散歩トレーニングで

11月26日のお散歩トレーニングで ルークママさんにも Panのリードを持って歩いていただきました。

ルークママさんに 撮影した動画の掲載のお許しをいただきました。
私と歩いている時より Panが 賢い仔っぽく見えるような^^;

*再生時の音量に ご注意ください。
オーパスくんの 「おかあさん!なんでそんなチビスケの相手をしているの!?」という切々とした訴えがかなりの音で入っています(笑)。


[PR]
by with-pan | 2009-12-13 20:16 | トレーニング・しつけ

小田原へ♪ ~【お散歩トレーニング編】

やった~!青空だ~!

寝不足のPanとフェイちゃんを車に押し込み 小田原城址公園を目指します。
カーナビによれば 旅館から城址公園までは約40分の道程です。
順調に(2度ほど曲がる所を間違えながら^^;) 9時30分には駐車場に到着。

集合場所に一番乗りです!
ドキドキしながら みなさんの到着を待ちます。

一組 また一組と到着して…
f0203369_19452587.jpg


最強ガールズチームの一員・市ちゃんとフェイちゃんが吠え合ったり…
f0203369_19453885.jpg

順番に 参加ワンコさんと挨拶を交わしたり…
f0203369_19461483.jpg
f0203369_19462653.jpg


f0203369_19464241.jpg
 

じゅぴたくん Panがサラちゃんのにおいをかがせてもらっているのを 興味津々で見ています。









f0203369_194653100.jpg


ルンタンとは 8月にも会っているから お互いに「あっ!」と思い出したようです。










こういう肝心な時 いつものことなんですけど…。
写真をほとんど撮っていませんでした(T_T)
肉眼で観察したかったし 触ったりおやつをあげたりしたかったから…(言い訳)。

 おっとり優しくておやつの食べ方もそ~っと。 美人さんの黒柴はなちゃん。

 ゆ~っくり でも何度も(笑) おやつを食べに来てくれた あずきちゃん。
 
 Panのこと ちょっと怖いけど 近づきたそうにしていた でんちゃん。
 
 私のことを覚えていてくれたのか スリスリしながら 甘えん坊の目で見上げてくれた 黒ラブはなちゃん。
 
 ちょっと調子が悪くって気分が優れないのに 小さいおやつを 小さいお口で食べてくれた アスパちゃん。
 
 いつもみんなの動きを観察していた ちびっこ紳士の じゅぴたくん。
 
 気合いの入った挨拶で Panにカツを入れてくれた ナタリーちゃん。
 
 物怖じしない強さが魅力的な クールビューティー 市ちゃん。
 
 何度もPanと一緒に においかぎしてくれた ルンタン。 
 
 堂々と前を向いたまま 貫禄たっぷりでPanにお尻のにおいをかがせてくれた サラちゃん。
 
 生き生きとした目で愛嬌たっぷり Panが遊んで欲しそうにしていた オーパスくん。


みんなみんな かわいいかったな~。 ありがとう!

****

今回の参加の目標の1つは 「チャーリーママさんにリードを持っていただく」 でした。
昨年(11月1日)のPanと 現在のPanはどう変わっているのか。
成長ぶりを見ていただきたかったのです。


2008年11月1日のPan。




2009年11月26日のPan その1。




2009年11月26日のPan その2。



チャーリーママさんからは 

>前はね、嬉しい、っていうのがバネになって表れていたけど、
>今回はね、しっかり自分の目で見て、考えて、確かめている
>小さな哲人のような感じがしました。
>重箱の隅まで確かめたい、ような慎重さも好ましいです。(笑)

>この一年で、非常に抑制がきいた感じがします。


と評していただきました。
最高の褒め言葉をいただいた気がします。

客観的に見て Panはリードを意識しつつ 不自由だとは感じていないように思います。
リードでつながれていることは それ自体すでに不自由なことですが 
「そのなかで できる限り自由に楽しく歩かせること・歩くこと」
それが 私とPanのお散歩のこの1年の目標でした。
1年間がんばったお散歩自主トレ。これからは次なる目標へと ステップアップしたいと思います。
 
茅ヶ崎海岸で遊ぶ編につづく。 
[PR]
by with-pan | 2009-11-29 19:46 | トレーニング・しつけ


愛犬Pantalaimon(通称・Pan。父犬トイプードル、母犬ミニチュアシュナウザー 2008.5.24生・♂)との日常を綴ります


by with-pan

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
あいさつ
日常
お出かけ
デジおば修行
からだの記録
トレーニング・しつけ
生後6ヶ月まで
犬語
犬たちの幸せのために
外ごはん
友だちワンコ
その他
未分類

以前の記事

2014年 12月
2012年 07月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月

リンク

お気に入りブログ

burnet hillの...
晴空日記~黒柴空との日々~

Skypeボタン

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧