カテゴリ:その他( 8 )

あいちゃんとちいちゃん

Panです。
じいちゃんの家に行ってきたよ。 
かあちゃんが 持ち帰った写真を紹介します。

この子たち かあちゃんが子どもの頃に一緒に住んでいたんだって。

あいちゃんは じいちゃんが出張先の大阪から連れて帰ってきたんだって。
もうちょっとで ほけんじょっていう怖いところに連れて行かれるところだったんだよ。

すごく強くて賢かったって かあちゃんが言ってたけど オラの方が強いよね?
f0203369_1233766.jpg


あいちゃんの子どもの ちいちゃん
あいちゃんが生んだ子は ほんとはみんなよそのおうちにもらわれたんだって。
でも 一番小さかった ちいちゃんは 一度はあげたのに
「やっぱり返してください」って 返してもらったんだって。
あげた時には 寂しくてみんなでおいおい泣いて 
返してもらった時には 嬉しくておんおん泣いたんだって。
なんか ちょっと 恥ずかしいよね。
f0203369_12332120.jpg


あいちゃんが死ぬまで 
ちいちゃんは 尻尾を振らないし 警備のお仕事もしない子だったんだって。
ちいちゃんは ずっとお母さんのあいちゃんと一緒でしあわせだったね。

かあちゃんは あいちゃんとちいちゃんにもう一度会いたいんだって。
もう一度会ったら いっぱいお散歩して いっぱい遊んで 一緒に寝るんだって。

そしたらオラも仲良くするよ。
[PR]
by with-pan | 2010-12-20 12:48 | その他

排除されたのは人です

f0203369_21365033.jpg


近くのホテルには 犬を連れてお茶も飲める お気に入りのBook Cafeがあります。
そのお店には 新刊やベストセラーでなく テーマにそって選ばれた本が並んでいます。
気に入った本とあらば お財布の中身もかえりみず買ってしまう私にとっては
本屋以上に魅力的な とっておきのお店です。
Panとも お散歩デビュー前の抱っこ散歩の頃から 何度となくおじゃまして来ました。

先日 久しぶりに訪れたそのお店は 「犬連れの入店は17時以降のみ」となっていました。

店員さんに尋ねたところ 
犬が苦手なお客さまから『何とかして欲しい』と複数の声がありまして」
とのことでした。

今まで 他のお客さんの迷惑にならないように 充分に気を遣って来たつもりです。
そして Panは そんな私の気持ちを分かっているように 
店内では一度も吠えたことはないし
気配を消して大人しくしていました。
お店の前まで行って 混んでいる時には入らずにそのまま帰ったこともありました。

***

私は 公園で犬の散歩が禁止されないためには 
   カフェやレストランに普通に犬を連れて入店できるようになるためには
   ヨーロッパのように犬との暮らしを楽しめるようになるには
日本中の飼い主のマナーが向上しなくては…と思っていました。

でも それが間違っていたことに気づきました。
 
どんなに日本中の飼い主のマナーが素晴らしくとも
犬が苦手な人”が 犬を連れたを排除しようとする限り 
犬を連れてカフェやレストランに入ることも
犬をリードをつけて電車に乗ることも
普通のことにはなりはしないでしょう。

「犬が苦手」というのは 
「香水が苦手」「ニンニクの匂いが苦手」「子どもが苦手」「ベタベタ話す人が苦手」…
とどこが違うのでしょう?
誰しも苦手なものや人を持っているけれど 自分から距離を置いたり ちょっとだけ我慢したり
折り合って暮らしているのではないかしら?

犬が苦手な人”は 犬なんか連れて来なくてよい 
とおっしゃりたいのでしょう。
そして 犬を追い出すことは当然の権利だと考えているのでしょう。

その結果 追い出されたのはではなく 犬を連れたでした。
それもマナーが良い悪いに関わらず 犬を連れているすべてのでした。

もう一度書きます。排除されたのは犬ではなくなのです。


 
[PR]
by with-pan | 2010-12-06 10:32 | その他

長靴デビュー

荒れ模様の1日。 
梅雨明けに買った長靴 やっとこさデビュー。
ジーンズの裾を折り返したので 裏のフリース地が見えてますけど^^;
f0203369_2251397.jpg

履き心地はなかなかよろしい。 梅雨時より むしろこれからの雪の季節に活躍を期待しています。

f0203369_2304838.jpg



なに?Pan選手も長ぐつがほしいとな? 

確かに足が濡れて貧相になってますな。









f0203369_231350.jpg



こんなんでどうでしょう? 

ま 気分だけね。









*****


ところで 10日ほど前にグリムスが大人の樹になりました。3本目♪
  【11月23日の画像】                                   【12月3日の画像】
f0203369_238192.jpgf0203369_22493452.jpg

今日見たら 絵が変わっていました。 →
根元の白いうん○みたいなのは何?

馬糞・鹿糞loveなPanへのオマージュ?

          まさかね^^;
[PR]
by with-pan | 2010-12-03 23:19 | その他

〈いのち〉の日

10月26日は 私を慕ってくれたMちゃんの命日でした。
毎年 この日には 〈いのち〉の始まりと終わり 
そして 生きることについて
否応なく考えてしまいます。

Mちゃんは 交通事故にあってから亡くなるまでの1ヶ月あまり 
脳死と呼ばれる状態で集中治療室にいました。
 当時は脳死臓器移植が法制化される前でしたから もちろん脳死判定はしていません。
 医師からご両親には「脳死の状態ですので回復することはありません」と告げられていました。


私が初めて面会に行ったのは 事故から2,3日経った頃だったでしょうか。
顔には痛々しい傷跡があり 日焼けした顔の半分は 紫色に腫れていました。

「いつ止まってもおかしくない」はずの心臓は動きを止めませんでした。
運動神経抜群で マラソン大会でも いつも1番にゴールにもどっていたものね。

1週間もすると 顔の腫れは消えて かさぶたがきれいに治った顔は 
事故の前のMちゃんに戻ったように見えました。
日焼けも少しさめて 「ほんとは色白だったんだね」ってNさんと話してたのよ。 
「奇跡が起きる」と信じて 面会に通いました。

f0203369_19511544.jpg

青い青い空が広がったあの日。
ただ何も考えずに空を見上げていた私の目から 涙がポロポロとこぼれました。
あとで ちょうどその時刻に Mちゃんの心臓が動きを止めたと聞きました。

今年も 青い青い空でした。
空の上から Panと散歩する私の姿がみえたでしょう?

Mちゃんと手をつないでいるつもりで歩いたよ。
Mちゃんのサラサラのおかっぱ頭が 風に吹かれていたのを
今でもはっきりと思い出せるよ。
f0203369_19513440.jpg


辛いことがあると Mちゃんの心電図のモニターの音を思い出します。
「生きる」「生きよ」「生きろ」「生きたい」

大きな夢も志も どこかに忘れて来ちゃったけど
生きることだけは 自分から投げ出したりしない。
それでいいかなあ? いいよね? ダメって言われても困るよ~!
[PR]
by with-pan | 2010-10-30 21:16 | その他

DVD「犬と猫と人間と」

ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」のDVDが発売されました。

犬と猫と人間と [DVD]

紀伊國屋書店




近日発売の情報を得て アマゾンで予約しておいたものが 本日届きました。

「犬と猫と人間と」は 飯田基晴監督の問題意識から出発した映画ではありません。
多くのドキュメンタリー作品が 作り手の問題意識から作られているのと比べると
そのことだけでも異色の作品といってよいかもしれません。
それが 結果的に 映画をとてもよい物にしたと思います。

私は ドキュメンタリーを 観るのも読むのも好きです。
多くの場合 作り手の問題意識とに 影響されて重い気持ちが残りがちです。
ドキュメンタリーとはそういうものだと思っていました。

しかし 先述したように この作品の出発点は飯田監督の問題意識ではありません
でした。(もちろん 依頼されたからといって 引き受けられる内容でなければ作
品にはできなかったでしょうから 飯田監督に問題意識がなかったわけではないで
しょうが)


この映画にバイアスがかかっているとすれば それは唯一 飯田監督の人間的な
「優しさ」だったように私には思われました。

だから 辛い場面があったにも関わらず 観た後に私のなかに残ったのは 優しい
気持ちと希望でした。

Panは 登場する犬たちにいちいち反応して疲れたようですが。
[PR]
by with-pan | 2010-06-26 23:58 | その他

Pan2歳。 ~私たちの“ことば”

今日 Panは2歳になりました。
たくさんの 「おめでとう」をありがとうございました。

1歳からの1年は 風のようにあっという間に過ぎてしまった気がします。
誕生日は ごくごくフツーに過ごしました。
去年とえらい違い(笑)
あっ でも先週金曜日にこりずにまた軽井沢に行って Three Dog Bakeryで
ケーキを買って来て 3日早くお祝いをしました。
ケーキの下の紙まで食べられちゃったんですけど(汗)


f0203369_2231183.jpg

Panとの暮らしも 今日で679日です。

お互いが何を考えているのか さっぱりわからなかった頃から比べると
ずいぶんわかり合えるようになってきました。

共通の“ことば”を創り出す日々でした。
その“ことば”は 文字通り私の「言葉」であることもあれば 
「しぐさ」「視線」であることもあります。

たとえば 食後に私が食卓から離れないでいる時。 
Panは前肢で私の肩をちょいちょいと触ります。
それは 「抱っこして欲しいです」というPanの“ことば”です。

たとえば Panが家の前を通る人に 吠え続けた時。
私は 手のひらをPanの目の前にかざします。
それは 「大丈夫。 静かにしてね」という私の“ことば”です。

たとえば 散歩の途中 私の誰かとの立ち話が長引いた時。
Panは 私をジーッと見つめ続けます。
それは 「そろそろ行きましょう」というPanの“ことば”です。
私は それに応えて「待っててくれてありがとう。行こうか」と歩き始めることもあれば
「もうちょっと待っててね」と視線を外して伝えることもあります。

「伝えたい」と思い 「伝えよう」とし 「分かりたい」と思い・・・。
Panと私は 少しずつ ふたりの“ことば”を紡いできました。

もっと「伝えたい」。
もっと「伝えよう」。
もっと「分かりたい」。

私だけでなく Panもきっとそう思っています。
だから 私に働きかけ 私を見つめ 首をかしげてじっと私の声を聴くのです。
だから 私の“ことば”を理解した時 嬉しそうに笑うのです。

f0203369_22342994.jpg


先日 Fun Taskのレッスンを見学して来ました。
体験もさせてもらいました。

Fun Taskの正確な定義はわかりませんが
飼い主の指示で 台に乗ったり どこかに入ったり…
完成形だけを見れば 「犬に芸をさせている」と
否定的にとらえる人もいるでしょう。

でも 私は「Panと一緒にやってみたい」と思いました。
Panに芸をさせることが目的ではありません。
そのチャレンジで Panと私の“ことば”を増やせると思うからです。

今まで伝えられなかったことを ひとつでも伝い合えるようになるために
Panに分かりやすい“ことば”で伝えるための  私のトレーニングです。

Panが「これでいいの?」と確かめたい時に 「それでいいよ!」を
伝えるためのおやつも “ことば”の1つです。
その使い方を練習するのも 私のトレーニングです。

Pan2歳からの 新しいチャレンジ。
とても楽しみで ワクワクしています。


  
[PR]
by with-pan | 2010-05-24 22:22 | その他

宮沢賢治な夜と朝の絵本

私が出かけたというと 「食べに行ったんでしょ?」とお思いの方
   … 食べない外出もするんですよ!!
今回のお出かけは Pan同伴ではありません。

                   Panは 留守番殿さま。
f0203369_1952288.jpg


ご近所のペンション風路さんでの 「おつきゆきえさん 朗読会」に出かけたのです。
しかも 土曜の夜の「宮沢賢治の朗読会」と 日曜の午前中の「おとなのための絵本の会」の2本立てです。

私には 今までどうも宮沢賢治のよさがわかりませんでした。「食わず嫌い」でしたけど。
たぶん 国語の授業がよくなかったのだと思います。
この日の演目は 「シグナルとシグナレス」。
素敵でした。
おつきさんの声を ほんの何秒か聞いたところで 雪深い東北の 線路の脇に体ごと運ばれてしまいました。
宮沢賢治も こう読んでいただけたら本望であろうと 不遜にもそんな感想をもちました。

「よし!宮沢賢治を読もう」とはまだ思いませんが おつきさんの朗読限定で 宮沢賢治の扉を開いてみようかしら と思いました。

日曜日の「絵本の会」。
この数年 「Pan欠席」(Panに留守番させられず欠席)以外は 続けて参加しています。
毎回 おつきさんが あるテーマにそって 数冊の絵本を選び読んでくださいます。
今回どんなテーマで どんな絵本を読んでくださったかは・・・聴きに行った人たちだけの しあわせな「内緒」ということにしておきます。
ヒントは 「私は Panに与えてやれているか?」(笑)。もちろん 「おやつ」とかじゃないですよ~。
もしも Panと一緒に聴いていたら 顔をのぞき込んで尋ねていたでしょう。「かあちゃんは どう?」
笑って じーんとして いろんなことに思いをはせて。
12月のあわただしさのなかで ほんの数時間 シフトダウンして ゆっくり豊かな時間を過ごしました。
*次回は来年の5月8日(土)、9日(日)を予定されているそうです。
 
土曜日の夜 朗読会から帰って玄関を開けたら Panに吠えられました。ワンワンワン!怪しいヤツ!!
熟睡中のPanは 私が外出していることを忘れていたようです^^;
f0203369_2120506.jpg

[PR]
by with-pan | 2009-12-14 10:27 | その他

でっかくなっちゃった!?  Part2

グリムスの木が「大人の樹」になりました(*^_^*)

f0203369_20383116.jpg


たとえバーチャルでも 何かが「育つ」って よいものですね。
「大人の樹」に育つと地球上のどこかに1本の木を植えてくれるのだそうです。
どこに植えられるのかな。Panの木。
[PR]
by with-pan | 2009-09-30 20:46 | その他


愛犬Pantalaimon(通称・Pan。父犬トイプードル、母犬ミニチュアシュナウザー 2008.5.24生・♂)との日常を綴ります


by with-pan

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
あいさつ
日常
お出かけ
デジおば修行
からだの記録
トレーニング・しつけ
生後6ヶ月まで
犬語
犬たちの幸せのために
外ごはん
友だちワンコ
その他
未分類

以前の記事

2014年 12月
2012年 07月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月

リンク

お気に入りブログ

burnet hillの...
晴空日記~黒柴空との日々~

Skypeボタン

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧